​法人限定

​誰でも、いつでも、どこでもできる

15分でわかる抗原検査

オンライン抗原検査サービス

​変異株対応

​MedQuick メドクイック

抗原検査はウイルスに対する抗体を用いて抗原を見つける検査です。
MedQuick(メドクイック)は鼻や喉から綿棒を入れて粘液を拭い取る検査キットを使い、新型コロナウイルスに感染の有無を確認し、結果について医師に相談できるサービスです。

新型コロナウイルス感染しているかすぐに知りたい…

​それに、PCR検査高くて気軽にできない…

新型コロナウイルスの感染を不安に思う人

もっと簡単に検査できたらいいのに、

​思ったことはありませんか?

​変異株対応

MedQuick(メドクイック) 新型コロナウイルス抗原検査キット ロゴ

はいつでも、どこでも検査可能で

15分で結果がわかります。

​安価なキットとの違いは?

​安価なキット

​MedQuick

研究用試薬

​体外診断用医薬品

​使用キット区分

​検査キット

​販売品目

​オンライン診療サービス

​厚生労働省未承認

​使用キット

​厚生労働省承認

​なし

​アフターフォロー

​あり

​不可

​保健所と連携

​あり

​なし

​医師の診察

​あり

​市販されている安価な検査キットは研究用試薬という区分で、検査キットを購入し、「新型コロナウイルスに感染しているかどうか興味本位で検査する」ものです。そのため、仮に陽性になっても保健所はその結果を元に動くことができません。自身で病院に行き、PCR検査を受ける必要があります。

​一方、
MedQuickは厚生労働省に承認された体外診断用医薬品(抗原検査キット)を使用し、検査結果で陽性が出た場合に、医師のオンライン診察を受けられるサービスです。
​検査キットの販売ではなく、オンライン診療サービスとして提供することで、仮に陽性になっても医師の判断によって適切なアフターフォローがされます。

​3つの特徴

f_f_traffic_30_s512_f_traffic_30_0nbg.pn

​セルフ検査

抗原検査キットが付属しているため、いつでも、どこでも、誰でも検査可能です。

検査結果は10~15分程度でわかります。

f_f_business_29_s512_f_business_29_0nbg.

​医師のオンライン診察

​検査後、医師のオンライン診察を受けることが出来ます。

オンライン診察により、​医師は保健所と連携したり、PCR検査キットを無償提供するなどの対応をします。

f_f_object_128_s512_f_object_128_0nbg.pn

​検査結果報告書発行

希望者には検査結果報告書を発行可能です。
検査結果報告書とは陽性反応が見られなかったことを通知する書類のことです。

​※PCR検査の陰性証明書のような公的効力はありません。

抗原​検査スケジュール

サービス申し込み

 1 

お申し込みボタンから抗原検査サービスの申込を行って下さい。

セルフ​抗原検査キットの送付

2 

MEDICAL SANDBOXからセルフ抗原検査キットをお送り致します。

​問診回答・セルフで抗原検査

3 

使用前にオンラインで問診に回答して頂き、検査キット内の説明書に沿って、検査してください。

(任意)抗原検査指導・結果説明

4 

ご希望の方には、ビデオチャットを用いた医師との診察を実施し、抗原検査の指導及び、結果に関するご説明をさせていただきますので、説明書に従ってオンライン診察の予約をお取りください。

※検査後、希望の方には検査結果報告書を発行することが可能です。
(検査結果報告書には公的効力はございません。)

安心の国内承認 抗原検査キット

MedQuick(メドクイック)は厚生労働省より体外診断用医薬品として製造販売承認を取得した
信頼性の高い検査パレットを使用しています。
MedQuick(メドクイック) 新型コロナウイルス対策.png
​※パッケージ(外装箱)は予告なく変更される場合がございます。
「SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト 」
信頼性の高い迅速抗原検査キット
厚生労働省体外診断用医薬品 製造販売承認番号
30300EZX00011000
​厚生労働省 体外診断用医薬品承認の確認はこちら

​診断結果イメージ

Medquick 新型コロナウイルス検査 陽性.png
Medquick 新型コロナウイルス検査 陰性.png
Medquick 新型コロナウイルス検査 無効.png

​MedQuickの内容と費用

​法人限定

​検査費用

4,900円/件(税込)

​MedQuickの内容

■抗原検査キット

■抗陽性時に保健所連携などのアフターフォロー

​■医師によるオンライン診察・指導・相談

​■陽性時にPCR検査を無償提供

​導入事例

以下のような際にMedQuick(メドクイック)を導入頂いております。
Medquick導入事例 新入社員の感染確認.png
Medquick導入事例 顧客への安心を提供png
Medquick導入事例 感染が疑わしい社員がいるpng
Medquick導入事例 出張後、連休後の感染確認.png
Medquick導入事例 製造現場社員の定期的な感染確認.png
Medquick導入事例 社員の家族に初期症状が見られる場合.png

Medquickに関する詳細解説(Youtube)​

職場における積極的な検査等の実施について

事務連絡の中に「軽症状者に対する抗原簡易キット等を活用した検査を実施」を
​推奨する一文が表記されております。
​※画像をクリックするとPDFを表示できます。
職場における積極的な検査等の実施について_ページ_1.jpg
職場における積極的な検査等の実施手順_ページ_1.jpg

【最新情報】未承認抗原検査キット流通制限

2021年12月22日、政府の規制改革推進会議は「当面の規制改革の実施事項」を公表し、「質の確保された抗原定性検査キットの利用環境の整備」という項目が盛り込まれました。

また、
厚生労働省は消費者庁と連携し、薬事承認を受けていない検査キットを「研究用」として取り扱うことを自粛するように販売事業者に求める通知を2021年12月22日付で発出しました。

今後2~3カ月、様子を見たうえで、さらなる要請も視野に入れており、上記のような景品表示法に基づき、行政指導を受けた事業者もいるといい、周知徹底していく方針だとのことです。

現在は「研究用」の抗原検査キットが購入できる状況ですが、精度が確立されていないことから
​今後規制が強化されていくと考えられます。
2021年12月6日、政府の規制改革推進会議は医療・介護ワーキンググループにおいて、未承認の抗原検査キットの流通を制限する検討に入りました。

未承認の抗原検査キット(「研究用」として流通する抗原検査キット)はネット等で安価に購入できますが、精度が担保されておらず、誤った結果が出る可能性があります。

実際に2021年9月、未承認キットを販売した業者が書類送検されました。
販売業者の扱うキットは中国製で、承認品の
約264分の1の精度だったとのことです。

​検査時には、承認済みの抗原検査キットを使用するようにしてください。

よくある質問

抗原検査関連最新ニュースまとめ